発達障害ファミリーの幸せライフハック生活

発達障害の困りごとを知恵と工夫で乗り越える、幸せ家族の日常をお届けします。

DIY

壁面収納の扉のマグネットがなくなった時の対策

こんにちは、椋 紅緒です。わが家の壁面収納、扉を押すと跳ね返って開くタイプなのですが、扉をカチッってとめておくマグネットがいつのまにか無くなっていることがあります。これがないと扉がうまく閉まらなくてちょっと困るなぁ~と思っていたら、身近なと…

壁の穴を補修をした【自閉症児】

こんにちは、椋 紅緒です。 次男(自閉症9歳)が大泣きしながら後頭部を打ちつけて、壁に小さな穴を開けてしまいました。 この状態のままにしておくとポロポロと傷口を広げられてしまうので、早めの対策が必要です。 さっそく補修していきます。 ▼まず下にビ…

【DIY】AVラックを修理しました

こんにちは。椋 紅緒です。 自閉症児(9歳)が壊したものを、日々直し続けています。 今回は、DIYで作成したAVラックを修理した時のお話です。 ちなみにこれは癇癪を起こして破壊したのではなく、扉の段差に足をかけて上に登ろうとした時にバキッといったの…

広がってしまったネジ穴を爪楊枝で補修する

こんにちは。椋 紅緒です。 自閉症児(9歳)が壊すものを、日々修理しています。 さて、DIYで作成した家具も、日々の生活の中で徐々に劣化していきます。特によくあるのがネジ穴の広がりです。暴れん坊の次男(自閉症児)が乱暴に跳びはねることで、施錠に使…

うちの次男は小さな巨人です【牛乳パック小屋 02】

こんにちは。椋紅緒です。 以前の記事、 で紹介した次男の牛乳パック小屋も、天井への到達間近!もうさすがに登れないだろうと高を括っていたら、、、 おおっ!? おぉぉぉぉ! おおぉぉぉぉぉおぉぉおぉおぉぉおおぉぉ! なんてこったい!<(´Д` )>なんと…

自閉症児の次男のため牛乳パックで小屋を作成中【牛乳パック小屋 01】

●次男の隠れ家、牛乳パック小屋 狭くて暗いところが大好きな次男のため、牛乳パックでリビングに小屋を作り始めました。(以下、牛乳パック小屋と呼称します) ●牛乳パック小屋の作り方 牛乳パックのブロックを作り、透明テープで積み上げます。一つのブロッ…

破かれた壁紙を剥がして漆喰(しっくい)を塗る【壁紙シリーズ04】

妻が描いたジブリの絵が子供たちに好評だったので、このまま壁一面をジブリの絵で埋めるか!と考えていましたが、ぶらりと入ったインテリアショップでこれまで考えてもみなかった解決策に出会いました。漆喰(しっくい)です。これなら次男に破かれることも…

ボロボロの壁をアートで彩る【壁紙シリーズ03】

壁紙シリーズ、これまでの流れ 壁紙を破かれる 【壁紙シリーズ 01】 部分的に補修する→1と2を繰り返す 【壁紙シリーズ02】 壁紙を剥がしてペンキを塗る→薄い紙と一緒に剥がされる 【壁紙シリーズ02】 壁紙を張り替える→3ヶ月で破かれる【壁紙シリーズ02】 …

破れた壁紙の補修・張り替えをする【壁紙シリーズ02】

4歳ごろに壁紙を破くことを覚えた次男(自閉症)、一度やり始めたらもう止まりません。コツコツと作業を続け、どんどん傷口を広げていきます。一刻も早く補修しなければと慌ててネットで壁紙補修について調べ、たどり着いたお店がこちらです。壁紙屋本舗【…

キッチンカウンターからの侵入を阻止せよ!自閉症児の安全対策

前回は、自閉症児である次男が危険がいっぱいのキッチンへ侵入するのを防ぐため、DIYで作成したキッチン扉を紹介しました。今回は、キッチンカウンターに取り付けた柵について紹介します。 キッチン側から見るとこんな感じです。部屋の様子が見れるように、…

キッチンへの侵入を阻止せよ!自閉症児の安全対策

こんにちは。椋 紅緒です。 キッチンは包丁やコンロなど、小さい子にとって危険がいっぱいです。 歩き始めから幼稚園くらいの時期は市販のキッチンガードで事足りていましたが、我が家の自閉症児は5歳くらいで、キッチンガードを軽々と乗り越えるようになっ…

【スポンサーリンク】