発達障害ファミリーの幸せライフハック生活

発達障害の困りごとを知恵と工夫で乗り越える、幸せ家族の日常をお届けします。

ADHDパパが自閉症児(9歳)との散歩で気をつけていること

こんにちは、椋 紅緒です。
テレワークになって、自閉症児の次男(9歳)と頻繁に近所を散歩するようになりました。そこで気をつけていることを紹介したいと思います。

目を離さない

まず自閉症児に限らず、子供を見てるときは当たり前のことですが、目を離さないことですよね。でもどうもADHDの特性を持つ私は、ちょっとしたことで他に気をとられてしまいます。散歩中は、修行だと思って子供に集中しています。

スマホをいじらない

スマホをいじると、どうしても意識をそっちに持っていかれてしまうから。歩きスマホながらスマホだけでなく、立ち止まってスマホも極力さけています。散歩中の妻からのLINEメッセージは、腕につけているFitbit でチラッとみる程度で、返信はしません。スマホで写真を撮るときも、細心の注意を払ってササッと済ませています。

 ▼スマホの通知が受け取れる Fitbit は本当にオススメです!

f:id:mukubeni:20200925075316j:image

手を離さない

基本的につないだ手は離しません。迷子防止ひもをつけるようになってからは、ギュウッと強く握らないで済むようになりました。たまに手が離れたときも、「お・て・て」と言って手を差し出すと、自分から手をつなぎにきてくれます。一緒に過ごす時間が増えて、次男が歩きながら何に興味をもっているか、何をしたがっているか、なんとなく感じ取れるようになりました。それによって、以前よりも散歩中のストレスが減った気がします。(たぶんお互いに)

小さい子や散歩中の犬と距離をおく

以前、公園の遊具で遊ばせていたら、小さい健常そうな子をちょっと押したことがあって、それからは何かあったら怖いので、他の子供が遊んでいる公園は避けるようになりました。あと散歩中の犬にケリを入れようとしたこともあったので、歩道で犬とすれ違うときはグッと押さえて、足が届かない位置で立ち止まってやり過ごしたりしています。ベビーカーとすれ違うときも注意しています。

トイレに頻繁に行く

公園、コンビニ、ショッピングセンターなど、トイレがあればオシッコさせています。以前は替えのオムツや着替え一式をリュックに入れて背負わせていましたが、今年からオムツを卒業してパンツを履くようになったので、身軽になりました。その分、万が一に備えて頻繁にトイレに入るようにしています。本人もトイレでオシッコしたいようで、たまにグイグイと手を引っ張られてトイレに連れていかれます。最近は向かう方向で「あ、トイレに行きたいんだな」ってわかるようになりました。

まとめ

いかがでしょうか。自閉症児といっても十人十色で、子供ごとに必要な対策も異なると思いますが、大事なのは本人と周りの安全のために、常に気を抜かず、何重にも対策をする、ということなんでしょうね。まさに日々修行です。

ピタリコの遊び方(我が家流)

こんにちは、椋 紅緒です。

お風呂遊び用に購入した吸盤のついたオモチャPita-Rico(ピタリコ)。購入して1カ月たちましたが、子供たちはまったく飽きることなく、日々新しい遊び方を生み出しています。今回はその中から、いくつか選りすぐりを紹介していきます。

ペットボトルに入れて遊ぶ

いきなり意味不明ですが、空のペットボトルにひたすら入れて遊んでいます。シャンプーを少し入れてシェイクすると、ピタリコを洗えてイイ感じです。

f:id:mukubeni:20200917072909j:image

手裏剣のように壁に投げつけて遊ぶ

これは大人でも楽しいです。ビタッ!とうまく張り付くと何とも爽快で、ストレス発散になります。形状によって難易度が変わるのも面白いです。天井と壁の切れ目に近ければ近いほど高得点。たまに、すでにくっついているパーツの吸盤に連結する形でくっつくこともあって、すごく盛り上がります。 

f:id:mukubeni:20200917072845j:image

▼バシーンッ!

f:id:mukubeni:20200918111648j:plain

相手の体にくっつけて遊ぶ

お互いの体にくっつけ合って、体から外して壁につけ、数を数えます。お風呂を出る時のシメの遊びになっています。

f:id:mukubeni:20200918071635j:plain

まとめ

いかがでしょうか。ピタリコはアイデア次第でもっともっといろいろな遊び方ができそうです。もし他にも面白い遊び方がありましたら、ぜひコメント欄で教えてください。

 ▼商品はこちらです。

 

【安全対策】玄関ドアに徘徊防止カギを設置した【自閉症児】

こんにちは、椋 紅緒です。

今回は、子供が勝手に外に出ないように玄関ドアに徘徊防止用のカギを設置した時のお話です。

自閉症児が勝手に外に出てしまう恐怖

自閉症で喋れない子供が、勝手に玄関のカギを開けて外に出て行ってしまったら・・・、そんな事態は想像したくありません。迷子になって、帰ってこれないかもしれない。トラブルに巻き込まれてしまうかもしれない。車道に飛び出してしまうかもしれない。二度と生きて会えないかもしれない。そんな恐怖がうちの家族にはずっとあります。

幸い自宅の玄関ドアには、グッと押し込まないと空回りして回せない防犯サムターンが付いていて、何年もずっと次男の脱走を防げていました。

そして、とうとうこの日が来ました。

慌てて徘徊防止用カギを設置!

f:id:mukubeni:20200909193700j:plain
f:id:mukubeni:20200909193709j:plain

f:id:mukubeni:20200909193847j:plain

▲玄関ドアにキズをつけないように養生テープで保護しています。

採用した商品はこちらです。

「ひとりで出掛けないで」!!とても分かりやすいネーミングです。

案外、「内側から開けられなくする」商品は、選択肢が少なかったです。

スマホやICカードで開錠できるスマートキーも調べてみましたが、内側からは簡単にあけられるものがほとんどでした。あと値段が高い。。

この商品も安くはないですが、子供の安全のためには必要なものなので、迷わずポチリました。ちょっと手間は増えましたが、妻も安心して夜眠れるようになって良かったです。

事前に厚紙で適合確認しておくとよいです

実は何年も前から、妻と「いつか対策しないとね〜」と話しながらいくつかの商品を検討してましたが、うちのドアに適合するのかいまいち自信が持てず、ずるずると先送りにしていました。この手のものをホームセンターで見切り発車で購入して失敗したことが何度もありましたので。。

でも今回はそんなことも言っていられなかったので、商品の形状とサイズぴったりに厚紙を切り、実際に玄関ドアに挟みこんでみて適合しそうか確認しました。この方法はおすすめです。

自閉症児だからと油断は禁物!いきなりできるようになるから

自閉症児を甘くみてはいけません。いつまでも幼児のようでいて、これまでできなかったことがいきなりできるようになりますから。パンツの後前が逆なのを自分で気づいて直せたり、トイレでウンチができるようになったり、そういう成長は嬉しいんですけどね。落ち着いて危ないことをしなくなってきたな~と感じてきた今ごろが、一番気持ちを引き締めなければならない時期なのかもしれません。

よろしいですね?>じぶん 

おまけ

そしてダイヤルロック式南京錠がまた一つ増えましたw
www.mukubeni.com

 

トランポリン購入して2週間後、、

こんにちは、椋 紅緒です。

トランポリン購入して2週間経ちました。どんな状態でしょうか。

ドンッ

f:id:mukubeni:20200831151113j:image

▲さっそくカバーが破れました。

あくまで商品が悪いわけではなく、使い方によるものと思います。

f:id:mukubeni:20200831162100j:image

▲ピョンピョンと楽しそうに跳んでいます。

f:id:mukubeni:20200831161945j:image

▲ビリ!はいココ!カバーのふちを踏んでますね〜!

これが破れの原因のようです。まあ、しょうがないかな。

f:id:mukubeni:20200831151306j:image

▲布テープで補修しました。

破れた状態のままにしておくと、次男にどんどん破かれて中身のスポンジもボロボロにされてしまうので。

f:id:mukubeni:20200819125434j:plain

▲でもスプリングではなくゴムなので、カバーが破れても安心です。音も静か。

 

 

このiPadカバーなら家族も安心【自閉症児】

こんにちは、椋 紅緒です。

今回はわが家で使用しているiPadカバーをご紹介します。癇癪もちでタブレットを放り投げてしまうお子様がいるご家庭へ、安全なタブレットケースを選ぶ際のポイントをお伝えします!

f:id:mukubeni:20200827093131j:image

タブレットのカバーは柔らかいものがオススメ

たまに癇癪(かんしゃく)を起こしてしまう次男(自閉症9歳)。手に持ってるiPadを思いっきりぶん投げたりもしますが、数年前に購入した、シリコン製の柔らかいiPadカバーのおかげで、家族も部屋もiPadも、今のところ無事です。 ボヨーンと跳ねて、床に音もなく着地します。ものすごい衝撃吸収力です。

オウルテック(owltech)というメーカーの製品のようです。ちょっと古い機種向けなので、最新機種向けのモデルは無いかもしれませんが、同じようなコンセプトの製品は色々見つかりました。

耐障害性以外の良い点

衝撃を吸収してくれる以外にも、日常的に使用する上で便利な点がいろいろありました。

  • 丸洗いできて清潔に保てる
  • 電源や音量ボタンのオンオフができる
  • 充電もカバーをつけたままできる

▼カバーの上からタブレットのボタンが押せます。(しっかり押せてます)

f:id:mukubeni:20200827093158j:plain
f:id:mukubeni:20200827093202j:plain

▼充電端子やカメラも使えます。

f:id:mukubeni:20200827093147j:plain
f:id:mukubeni:20200827093151j:plain

まとめ

このカバーがなかったら、iPadも家の中もボロボロになっていたでしょうし、家族も大怪我していたかもしれません。iPadに限らず、癇癪持ちの子にタブレットを持たせる時は、本体の保護だけでなく、ぶつかった先の安全も考慮してカバーを選ぶとよいと思います。

追記(2020.09.03)

現在、同商品はAmazon、楽天で取り扱っていませんでした。
同じようなコンセプトの商品として、見つかったものを参考として挙げておきます。

トランポリン買いました【自閉症】

こんにちは。椋 紅緒です。

次男(自閉症9歳)が最近なかなか寝ないので、自宅で運動させるためトランポリンを買いました。

4年前に買ったトランポリンは5歳自閉症児には危なかった・・

実は、わが家のトランポリンはこれが2台目です。1台目は4年くらい前に購入して、子供たちも元気に遊んでいたのですが、次男(当時5歳)が色々いたずらして危険を感じるようになったので、あえなく撤去しました。以下、次男の攻撃です。

  • トランポリンの足を取って、投げる(重くて危ない)
  • トランポリンの足を取って、口にくわえる(汚い・危ない)
  • カバーを破いて、スプリングをむき出しにする(挟みそうで危ない)
  • セーフティーピンを抜いて一人で折りたたむ(とても危ない・床にキズついた)
  • ウンチやオシッコをしてそのまま飛び跳ねる(汚い)
    f:id:mukubeni:20200819115409j:plain
    f:id:mukubeni:20200819115413j:plain

    ▲左が1台目の購入直後、右が10か月後です。壁のボロボロさも時間の経過を感じさせます。ボロボロになったカバーだけを追加購入し、破れた所は布テープで補修して使っていました。

当時と比べたら、次男もだいぶ分別がついてきた(?)ので、思い切って2台目を購入しました。

今回トランポリン購入前に考えたこと

  • スプリングではなくゴムであること
  • 牛乳パック小屋の中にぴったり納まること

Amazonでトランポリンを調べてみたら、最近はスプリングのかわりにゴムが使われているものが、けっこうありました。4年の間に進化しているのですね!

あまり広い空間に置いたままにしていると、次男にイタズラの隙を与えてしまうので、今回は牛乳パック小屋の中に設置することにしました。ちょうど小屋の内寸と同じ直径92cmのものが見つかってよかったです。

▼さっそく組み立ててみました。

f:id:mukubeni:20200815165750j:plain

▼ビニール袋に興味がわく次男・・

f:id:mukubeni:20200815165810j:plain

▼ピッタリ納まりました。▼ゴムなので安心です

f:id:mukubeni:20200818165032j:plain
f:id:mukubeni:20200819125434j:plain

これでしばらく様子を見たいと思います。

大好きだったトランポリンがわが家に戻ってきて、次男も嬉しそうです。

▼さっそく大ジャンプ!?

f:id:mukubeni:20200819140831j:plain

関連記事

牛乳パック小屋についてはこちらの記事をご参照ください。 

▼ご紹介した商品はこちらです。

お風呂で遊べるピタリコ

子供たちのお風呂遊び用Pita-Rico(ピタリコ)というおもちゃを買いました。吸盤がついたパーツを連結して遊ぶもので、お風呂の壁にもよくくっつきます。

f:id:mukubeni:20200806103427j:image

▼さっそく人型のものを作成しました。f:id:mukubeni:20200806103450j:image

子供たちが夢中になって遊んでいます。ピタピタくっつけていく感覚が気持ちいいみたいです。特に長男(ADHD 11歳)のハマり方が尋常ではなく、彼の脳内では何やら壮大なストーリーが展開されているようですw

 

【スポンサーリンク】