発達障害ファミリーの幸せライフハック生活

発達障害の困りごとを知恵と工夫で乗り越える、幸せ家族の日常をお届けします。

お風呂の壁にはマグネットフックがオススメ!

こんにちは、椋 紅緒です。

お風呂の壁に小物をひっかける吸盤のフックが頻繁に落っこちるようになり、新しいのを買わなきゃなーと思っていたら、ニトリでとてもいい商品を見つけました。

ニトリのフック2個入り(マグネット)

f:id:mukubeni:20201125182902j:image

そう、マグネットなのです!

お風呂の壁にマグネットがくっつくなんて、知りませんでした。びっくり!f:id:mukubeni:20201125182859j:image

▼もうこんな風景に出くわすことはないでしょう。

f:id:mukubeni:20201125182839j:image

▼さらば!100均の吸盤フック

f:id:mukubeni:20201125182935j:image

お風呂の壁にマグネットがくっつくご家庭には、ぜひオススメです!

ファミコンで遊ぶか!?【自閉症児】

こんにちは、昭和50年生まれの椋紅緒です。

次男(自閉症9歳)が遊ぶかな〜?と思い、ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータを買ってみました。(名前長ッ!)

www.nintendo.co.jp

 2016年発売後、大人気ですぐ品薄状態になり、ネットでは定価の数倍で取引されていましたが、2020年の現在はメルカリで定価よりも安く手に入れることができました。

f:id:mukubeni:20200804174611j:image

私がファミコンを買ってもらえたのは1985年。ちょうど10歳の頃。箱も本体のデザインもあの頃のまま!これはちょっとテンションあがるな〜!

あれ?

次男、遊んでくれず!

どうも、コントローラーで操作するのが分かっていないようです。さすがスマホ世代。コントローラーなんて過去の遺物ですね。。。

ただ、これの影響なのかは分かりませんが、パックマンスーパーマリオYouTube動画をよく見るようになりました。

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

  • 発売日: 2016/11/10
  • メディア: Video Game
 

絵カードに再挑戦しています【自閉症児】

こんにちは、椋 紅緒です。
次男(自閉症9歳)が、最近また絵カードによるコミュニケーションに挑戦しています!

壁にいろいろな絵カードを用意しておいて、本人が望むものを1枚、「ください」の絵カードと合体させて提示させるというやり方でやっています。

f:id:mukubeni:20201112174557j:image

ここに来るまでいろいろありました。ちょっと振り返ってみましょう。

6歳ごろ:絵カードに初挑戦するも断念・・・

次男は6歳ぐらいから、発語は無いけど、こちらの言っていることはある程度はわかっている感じだったので、絵カードもやってみると案外使いこなせるのでは?と思って、PECSの本を読んだりしてチャレンジしてみたことがありました。

ラミネーターや、マグネットがくっつく大きなホワイトボードなども用意しましたが、その時は絵カードをグニャグニャにしてポイと捨てるだけでした。何回か絵カードを作り直してチャレンジしましたが、そのたびにグニャグニャにしてポイされるので、絵カード作戦を断念しました。

7歳ごろ:絵カードがなくても言葉が通じるようになる

そのうちに、「トイレ」と声をかければ一緒にトイレに行き、「おふろ」と言えば脱衣室に行って服を脱ぎだすようになりました。やりたいことや欲しいものがあるときは、クレーン現象の発動です。次男が望むものは、家族ならだいたいわかるので、それこそ絵カードは不要となりました。

9歳で、再び絵カードに挑戦することに!

特別支援学校で、最近次男が絵カードに取り組んでいるそうで、自宅でもやってみませんか?と提案がありました。たしかに、家族以外の人ともコミュニケーションとれないと困るし、この取り組みが「発語」につながるかもしれませんしね。

学校では、絵カードをラミネート加工して、マジックテープで壁に貼り付けているそうですが、妻が「またグニャグニャにしてポイされるのは嫌だー!」とラミネート加工を渋るので、ひとまずL版の写真用紙に印刷したもので様子をみることにしました。

▼材料:黒いプラダン、透明のシート、L版の写真用紙
f:id:mukubeni:20201112174557j:plain

くださいカード&台紙 は、マジックテープで脱着可能です。

f:id:mukubeni:20201112174544j:plain
f:id:mukubeni:20201112174551j:plain

 

▼カードは上のほうを折り曲げて、簡単に抜き差しできるようにしています。
f:id:mukubeni:20201112174554j:image
学校では、以下のことに注意してやっているそうです。うちもそのルールを踏襲しています。

  • 欲しいものと、絶対いらないだとうというものを混ぜておくとよい
  • 許可しない選択肢は並べておかない
  • 欲しいものがある場所ではなく、お願いする人にボードを提示する

やってみた結果

さっそく欲しいものを選んで、こちらに持ってきました!
すごいぞ次男!なかなかやるな、学校!

グニャグニャにしてポイされなくてよかったw

絵カードで伝えられると、要求が具体的なのでこちらも助かっています。クレーン現象で連れて行かれる前に、欲しいものを把握できる事が、とても新鮮でした!

特に使う頻度が高い絵カードはこちら。

  • ようじ(糸ようじ)→歯に詰まったものをとる
  • うめすっぱ(梅エキス)→すごく酸っぱくて次男やみつき
  • すとろー(ストロー)→冷たい飲み物はストローが外せない
  • たぶれっと(iPad)→YouTubeだいすき
  • おえかき(お絵かきアーティスト)→ドラえもんの絵を描く

まとめ

6歳の時はあんなに頑張ってもできなかったのに、9歳の今はあっけなくできてしまって、絵カードがすんなり使えるようになる時期って、あるのかもしれないなぁ~って思いました。さらに高度なコミュニケーションもできるようになっていくのかな。

革の水シミを目立たなくする方法

こんにちは、椋 紅緒です。

十数年愛用しているヌメ革の文庫本カバーに、いつのまにか「水シミ」がついていました。たまにクリームを塗って磨いたり、ずっときれいに使ってきたので、水シミをみる見るたびにちょっとションボリしていました。”革製品の水シミは濡らして消せ” と言われているようで、今回それを実際に検証してみました。

▼右上の部分に水シミが・・・

f:id:mukubeni:20201010180332j:image

▼よく見るとこんな感じです

f:id:mukubeni:20201010180320j:image さっそく作業開始!

▼布を濡らして絞った状態で、水シミを濡らしていきます

f:id:mukubeni:20201107061922j:image

 ▼全体的に濡れた状態です。下の赤いのにも水シミがあったので、ついでに作業しました。

f:id:mukubeni:20201010180416j:image

 ▼乾きました。

f:id:mukubeni:20201010180442j:image

 ▼だいぶ水シミが目立たなくなっています!

f:id:mukubeni:20201010180503j:image

 ▼革用のクリームを塗って磨きました。すっかりきれいに!

f:id:mukubeni:20201012133401j:image

f:id:mukubeni:20201012133434j:image

 ▼妻が水を垂らしてしまった超整理手帳の革カバーも

f:id:mukubeni:20201012133422j:image

 ▼妻が握りたてのおにぎりを置いて、うっすらと変色していた革のメモ帳カバーも

f:id:mukubeni:20201012133452j:image

とてもきれいになりました。

 まとめ

”革製品の水シミは濡らして消せ”本当でした!やってみると、全然むずかしくありません。もし水シミができてションボリな革製品をお持ちでしたら、ぜひやってみると良いかと思います。

 

え?発達障害と関係ないじゃないかですって?

いいえ。

 

気になったらやらずにはいられない、それが私(ADHD45歳)の性分なのです( ;∀;)

壁にお絵描き(わが家の攻防)

こんにちは、椋 紅緒です。
妻がまた壁にトトロを描きはじめました。

それに触発されてか、次男(自閉症9歳)も壁に落書き・・・。コラッ!君は描いてはいかん!ちなみに画材はチョコレートの欠片です。

f:id:mukubeni:20201028185159j:plain

家族ルール:落書きできるものを置いておかない

わが家では、鉛筆やペンなど、壁に落書きできるモノは出しておかないように、家族で気をつけています。以前、折れた鉛筆の芯を使って壁一面に落書きをされたことがあって、それからはリビングで勉強する長男も、鉛筆の芯が折れたらすぐに回収して、次男が入れない部屋のゴミ箱に捨てるようになりました。何日もかけて消しゴムで消す羽目になったので。

ペン先に水をつけて書けるペンが便利!

ペン先に水をつけて特殊なボードに字を書くことができて、乾くと消えるもの、ありますよね。これだと壁に絵を描くことはできないので、安心して渡しておくことができます。

▼ひらがなを勉強中。でもまだ、字を読まないし、喋りません。

f:id:mukubeni:20201030150553j:image

ガリガリと削って書けるシートも楽しそう!

100均で売っていた、ガリガリと削るとカラフルな模様がでてくる黒いシート。こちらも壁に落書きをされることがないので安心です。

▼ガリガリと削って書けるシートを使ってお絵描きしています。

f:id:mukubeni:20201106172638j:image

▼100均で売ってました。

f:id:mukubeni:20201030151028j:image

▼最後まできっちりと削り取ります。

f:id:mukubeni:20201030151201j:image

▼遊び終わったら、削りカスを自分でおそうじ。お利口さんです。

f:id:mukubeni:20201030151105j:image

まとめ

いかがでしたでしょうか?壁に落書きされないために色々やっていますが、今回はまんまとやられました。まさかチョコレートの欠片とは・・・orz

でもちょっと前までは、先が尖ったペンを渡して自由にお絵かきさせるなんて、怖くてできませんでした。少しずつですが、日々成長しているようです。

壁面収納の扉のマグネットがなくなった時の対策

こんにちは、椋 紅緒です。
わが家の壁面収納、扉を押すと跳ね返って開くタイプなのですが、扉をカチッってとめておくマグネットがいつのまにか無くなっていることがあります。これがないと扉がうまく閉まらなくてちょっと困るなぁ~と思っていたら、身近なところにちょうどいい代用品がありました。

この対策は、たまたまうちでは上手くいったよ、というかなりわが家限定のものかもしれませんが、思い切って紹介させていただきます。「そんなこともあるのね」程度にとらえていただければと。

マグネットが無くなってしまった壁面収納の扉

f:id:mukubeni:20201013150050j:image

代用品は100均のマグネットピン。

ダイソーで6個入り100円でした。
f:id:mukubeni:20201013150057j:image

▼マグネットだけを取り出します

ペンチで軽く挟むだけで、ペキッと割れて簡単にマグネットが取り出せました。
f:id:mukubeni:20201013150045j:image

▼マグネットが無くなった穴にピッタリ!ボンドでくっつけます。
f:id:mukubeni:20201013150053j:image

▼扉がカチッと閉まるようになりました

f:id:mukubeni:20201013150204j:image

まとめ

いかがでしょうか?けっこう身近にあるもので何とかなってしまうことって多いですよね。それを教えてくれたのは、私の心の師匠、冒険野郎マクガイバーでした。身近にあるもので何でも解決するッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!

トイレシャワーの余計なボタンを目隠ししてみた

こんにちは、椋 紅緒です。

次男(自閉症9歳)がトイレでウンチできるようになったのはいいけれど、ウォシュレットのボタンをデタラメに押しまくるようになってしまったので、必要最小限のボタンだけ残して、余計なボタンを全部マスキングテープで隠してみました。

f:id:mukubeni:20201011160039j:image

最初に実施した対策

うちのトイレシャワーの主要ボタンは「止」「おしり」「おしりやわらか」「ビデ」と並んでいて、次男はなぜか「ビデ」をやりたがるので、まずは「おしりやわらか」と「ビデ」を隠してみました。

▼初期バージョン

f:id:mukubeni:20201013151747j:image

これでムダに「ビデ」を押すことはなくなり、しばらくうまくいっていたのですが、ここにきて下の方にある小さめのボタンに関心が移ってしまい、「パワー脱臭」「ノズルそうじ」などを連打するようになりました。それで変な設定のままになってしまって、次に利用する人がビックリすることも増えてきたので、

今回は思い切った対策に踏み切ることにしました!

濃淡がわかりやすくなるように濃い色の幅広マスキングテープを100均で買ってきました。残したボタンは「止」「おしり」のみ。かなりシンプルです。

f:id:mukubeni:20201011155930j:plain

結果、次男がウンチの後で、不要なボタンを押しまくることがなくなりました。家族にも好評です。他のボタンがわからなくなってしまったけれどあまり困ることはないでしょう。他のボタンは心の目で見る!

点字の凹凸があるので、この機会に点字を覚えるのもいいかもしれません。(たぶん覚えません。すみません)

まとめ

いかがでしょうか。押すべきボタンを明確にする事で、子供も迷うことなくお尻を洗うことができるようになりました。こんなふうに、お互いのストレスが減るような工夫を今後も続けていきたいと思います。

【スポンサーリンク】