発達障害ファミリーの幸せライフハック生活

発達障害の困りごとを知恵と工夫で乗り越える、幸せ家族の日常をお届けします。

Yogibo(ヨギボー)はいいよ!【自閉症】

こんにちは。椋 紅緒です。 

今回は、わが家でかれこれ4年くらい使っているビーズクッション Yogibo(ヨギボー)をご紹介します。

IKEAのソファを壊されて購入

以前は、IKEAで買った二人掛けのソファを使っていたのですが、次男(自閉症児)の度重なるトランポリン攻撃の末にあえなく撃沈してしまい、どうせ新しいソファを買ってもピョンピョン跳ねてすぐに壊しちゃうだろうから、飛び跳ねられない、壊れないものはないかとネットで検索して、この商品にたどり着きました。”人をダメにするソファー”って本当か!?さっそく近くのヨギボーショップに行って体験してみたところ、本当に気持ち良すぎて起き上がる気になれない!人をダメにするとはこの事か!と大いに納得し、その場で大きいのを二個購入しました。

快適すぎて動けなくなる魔法のソファ「Yogibo Max」

Yogibo Max は大人でも全身を包み込んでくれるサイズで、こちらの体勢に合せて自在に形が変わり、椅子、ソファ、ベッドなど、いろいろな使い方ができます。

プロジェクターで映画を見るときはしっかり背もたれがある一人掛けソファ、ちょっと休憩したいときはオットマン付きのリクライニングソファ、子供とじゃれあうときはフカフカのやさしいマットになってくれます。軽くて移動もラクラクです。

Yogiboは自閉症児にとっても快適なものらしい

Yogiboは、自閉症児童のセラピーにも採用されているそうです。包み込まれる感覚が落ち着くのでしょうかね。うつ伏せで寝そべっていたり、あぐらをかいてタブレットで遊んだり、高い所からダイブしたりしています。

▼うつ伏せが大好きな次男 

f:id:mukubeni:20200726121231j:image

▼長い時間をYogiboで過ごします。

f:id:mukubeni:20200731145449j:plain
f:id:mukubeni:20200726121011j:plain

▼リラックス時間はいつもYogiboにいます。

f:id:mukubeni:20200731164301j:plain

▼二つの Yogibo Max を一つにまとめるカバーもあります。

f:id:mukubeni:20200731170058j:plain

アウトドア用カバー(ズーレ)を買ってみた

Yogiboはカバーがとても丈夫で、ハードに扱っても破れませんでしたが、たまにオシッコをされてしまったり、食事中に汚れた口のままダイブしてしまったりすると、洗うのが大変だったので、新しく発売された耐水性があるアウトドア用Yogibo Zoola(ズーラ)のカバーを買ってみました!

▼左側がZoola(ズーラ)のカバーを装着した Yogibo Max です。

f:id:mukubeni:20200726120921j:image

▼ 思ったよりもゴワつきはありませんでした。

f:id:mukubeni:20200726120914j:image

▼ひんやりとした肌触りが気に入ったようです。

f:id:mukubeni:20200728143915j:image

通常のカバーよりも伸びないので、沈み込みは抑えられます。座り心地は若干変わりますが、私はZoola(ズーラ)のしっかりとした座り心地のほうが好きになりました。家族にも好評です。初回購入の方は、最初からZoolaを選択するのもアリだと思います。

まとめ

いかかでしょうか。うちはソファからYogiboに替えて、本当によかったです。わが家の「買ってよかったものリスト」に、堂々とリストアップされております。オススメです。