発達障害ファミリーの幸せライフハック生活

発達障害の困りごとを知恵と工夫で乗り越える、幸せ家族の日常をお届けします。

パイプスペースに投げ込まれたぬいぐるみを救出する方法【自閉症児】

【スポンサーリンク】

こんにちは、椋 紅緒です。

次男が5歳になったころのお話です。

ん?室内にあるパイプスペースの点検口が開いている!?

f:id:mukubeni:20201216125630j:plain

中をスマホで撮影してみると、

f:id:mukubeni:20201216125640j:plain

f:id:mukubeni:20201222202557j:image

ぬいぐるみが投げ込まれていました。。orz

手も届かないし、狭くて降りていくこともできない。

さてどうしよう。

その1.三脚トリモチ作戦

f:id:mukubeni:20201216125658j:plain

 

カメラの三脚の先にガムテープをつけてみました。これでペタッとくっつけて、そ〜っと引き上げて、

 

ボトッ!

 

残念!

引っ張り上げる途中で落ちてしまいました。

 

その2.捕獲棒作戦

次は、クイックルワイパーの柄の穴に紐を通して、クイッと縛りあげて取り上げる作戦を試してみました。

f:id:mukubeni:20201222202709j:image

当時の写真が見つからなかったので、ちょっと再現してみます。

 

▼穴に紐を通し

f:id:mukubeni:20201222201334j:image

▼対象物にくぐらせて

f:id:mukubeni:20201222201611j:image

▼クイッと紐を引いて引っ張りあげます

f:id:mukubeni:20201222201627j:image

成功です!

この方法で、投げ込まれたものを全部回収できました。

 

ネットで調べてみたら、動物を捕獲するアニマルスネア(捕獲棒)という道具がイメージに近いみたいです。

イージェイ アニマルスネアNo.3 - Ejay イージェイ | FEED VET

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

手が届かない所のモノを取るときに、ぜひ、お試しください!

【スポンサーリンク】