発達障害ファミリーの幸せライフハック生活

発達障害の困りごとを知恵と工夫で乗り越える、幸せ家族の日常をお届けします。

【自閉症児】和食レストランで履いていたサンダルを放り投げてしまった時の話

【スポンサーリンク】

和食レストランにて

あれは次男が7歳の頃、家族で和食レストランに入り、お座敷の席に上がるところで発生しました。

脱いだ靴を揃えようと屈んだその瞬間、次男は自分が履いていたサンダルを手に取り、思いっきり空中に放り投げたのです。

宙を舞うサンダル

サンダルはスローモーションのように宙を舞い、家族で食事中の他のテーブルに、ストンと落ちました。テーブルにはたくさんの料理が並んでおり、その横にちょこんと子供のサンダルが乗っていました。

大変申し訳ございません!

私は顔面蒼白になりながら、人生で一番くらいの勢いで謝罪しました。

 そこのお父さんの一言

「これはひどすぎる…」

ほんとにそうだ!すごく申し訳ない!一体どうすればいいんだ!?

答えが見つからぬまま必死で謝り続けていたら、お店の人がすぐに飛んできて、うまく収めてくれました。

後悔の念

気が動転していたからか、あの時のことはあまり詳しく思い出せませんが、あの家族への申し訳ない気持ちと、お店の人への感謝は強く心に刻まれました。

この一件を思い出すたび、あの家族とお店に対して、もっとこちらからすべきことがあったのではないかと、後悔の念が蘇ってきます。 

妻のひと言

「何かやってからでは遅い!やる前に止めて!」

 たまにテンションが上がって思いもよらない悪さをする次男。

一瞬でも気を抜いたら大変なことになるんだと、肝に銘じました。

【スポンサーリンク】