発達障害ファミリーの幸せライフハック生活

発達障害の困りごとを知恵と工夫で乗り越える、幸せ家族の日常をお届けします。

このiPadカバーなら家族も安心【自閉症児】

【スポンサーリンク】

こんにちは、椋 紅緒です。

今回はわが家で使用しているiPadカバーをご紹介します。癇癪もちでタブレットを放り投げてしまうお子様がいるご家庭へ、安全なタブレットケースを選ぶ際のポイントをお伝えします!

f:id:mukubeni:20200827093131j:image

タブレットのカバーは柔らかいものがオススメ

たまに癇癪(かんしゃく)を起こしてしまう次男(自閉症9歳)。手に持ってるiPadを思いっきりぶん投げたりもしますが、数年前に購入した、シリコン製の柔らかいiPadカバーのおかげで、家族も部屋もiPadも、今のところ無事です。 ボヨーンと跳ねて、床に音もなく着地します。ものすごい衝撃吸収力です。

オウルテック(owltech)というメーカーの製品のようです。ちょっと古い機種向けなので、最新機種向けのモデルは無いかもしれませんが、同じようなコンセプトの製品は色々見つかりました。

耐障害性以外の良い点

衝撃を吸収してくれる以外にも、日常的に使用する上で便利な点がいろいろありました。

  • 丸洗いできて清潔に保てる
  • 電源や音量ボタンのオンオフができる
  • 充電もカバーをつけたままできる

▼カバーの上からタブレットのボタンが押せます。(しっかり押せてます)

f:id:mukubeni:20200827093158j:plain
f:id:mukubeni:20200827093202j:plain

▼充電端子やカメラも使えます。

f:id:mukubeni:20200827093147j:plain
f:id:mukubeni:20200827093151j:plain

まとめ

このカバーがなかったら、iPadも家の中もボロボロになっていたでしょうし、家族も大怪我していたかもしれません。iPadに限らず、癇癪持ちの子にタブレットを持たせる時は、本体の保護だけでなく、ぶつかった先の安全も考慮してカバーを選ぶとよいと思います。

追記(2020.09.03)

現在、同商品はAmazon、楽天で取り扱っていませんでした。
同じようなコンセプトの商品として、見つかったものを参考として挙げておきます。

【スポンサーリンク】