発達障害ファミリーの幸せライフハック生活

発達障害の困りごとを知恵と工夫で乗り越える、幸せ家族の日常をお届けします。

身長を測るための目盛りを貼ってみた

【スポンサーリンク】

こんにちは、椋 紅緒です。

長男(ADHD 11歳)が「身長何センチになったかな〜」ってひんぱんに言ってくるようになったので、自分で確認できるように壁に目盛りを貼りました。

f:id:mukubeni:20201001115310j:image

本などを頭頂部に垂直に当てて、マスキングテープで今の身長のところにマークしています。

田舎の実家には背くらべ用の柱がありましたが、このやり方だと家に傷をつけず気軽にできるのでオススメです。目盛りは何かの商品のパッケージに印刷されていたものをハサミで切り取りました。

ぐんぐん成長する子供たち

長男はあと数センチでママの身長と並びそうです。足のサイズも大きくなって、5月に買ったバッシュがすぐにサイズアウトしてしまいました。

次男(自閉症9歳)もいつまでも幼いイメージでいましたが、気がつくと長男が去年着ていた服がピッタリだったりします。散歩中に肩車してあげてると、周りの人にギョッとされたりしています。

【スポンサーリンク】