発達障害ファミリーの幸せライフハック生活

発達障害の困りごとを知恵と工夫で乗り越える、実用的なノウハウをお届けします。

今年はPECSに挑戦してみる

こんにちは、椋 紅緒(むくべにお)です。

ずっとやってみたいと思いつつ何年も先送りにしてきたPECS(ペクス)に、今年こそは挑戦してみようと、夫婦で重い腰を上げました。

PECS(ペクス)とは

絵カード交換式コミュニケーションシステム(PECS)® - Pyramid Educational Consultants of Japan

アンディ・ボンディ(Ph.D.)とロリ・フロスト(MS.CCC-SLP)によって開発されたコミュニケーション支援システムです。

数年前にPECSに挑戦しようと書籍やトレーニングマニュアルを入手しましたが、敷居が高いと感じて正面から取り掛かれずにいました。


f:id:mukubeni:20220118184437j:image

f:id:mukubeni:20220118184434j:image

特にトレーニングマニュアルの文章が難しくて頭に入ってこず、やり方が正しくなかったら逆効果になってしまうのでは?との不安から。

トレーニングを受講するのが一番の近道というけれど、時間とお金がかかるよね。。。という状態が長く続きました。

(今思うと、文章が頭に入ってこなかったのは当時私がうつ状態だったからかも知れません)

きっかけはSNS

今回妻ともどもやる気になったのは、PECSに取り組んで効果あった!というTwitterなどへの皆さまの書き込みに感化されたからでした。まずは始めよう!と。

コミュニケーションブックを作る

まずはPECSで必要となる道具を揃えるところから。

材料

材料はダイソーで揃えました。

      • 2穴バインダー(A4)
      • ファスナーテープ(マジックテープ、ベルクロ、面ファスナー)長さ40cmを6個以上
      • アルバムシート(A4)30穴で2穴にも対応

f:id:mukubeni:20220110183405j:image

▼バインダー

100均の2穴バインダー。


f:id:mukubeni:20220118191946j:image

f:id:mukubeni:20220118191948j:image

なんと不良品でしたが、うちにあったパーツで何とかくっつけました。ひとまず試作品ということで。次からは気をつけよう。


f:id:mukubeni:20220118192010j:image

f:id:mukubeni:20220118192012j:image
▼ファスナーテープ

”ループとフックが一体となった” ってどういう意味?と思ったら、なんとオスとメスの区別がなく、両面同じもの同士がくっつく!という意味でした。これはすごい便利!オススメです。

f:id:mukubeni:20220118184610j:image

▼アルバムシート

もともとは写真を挟むものですが、2穴がついた厚紙としてこれを選びました。
f:id:mukubeni:20220118184616j:image

作り方

  1. バインダーの表紙にファスナーテープを貼る
  2. 縦に折ったアルバムシートを裏表紙に貼って、文カードの台紙を作る
  3. アルバムシートにファスナーテープを貼って絵カードのストック場所を作る
  4. 完成です

写真とともに、各工程を見ていきましょう。

▼1.バインダーの表紙にファスナーテープを貼る
f:id:mukubeni:20220118191856j:image
▼2.縦に折ったアルバムシートを裏表紙に貼って、文カードの台紙を作る

f:id:mukubeni:20220118185049j:image

文カードは絵カードを並べて文章を組み立てる台紙で、取り外せてカラフルなものがいいそうですが、そちらは後日追加します。

▼3.アルバムシートにファスナーテープを貼って絵カードのストック場所を作る

f:id:mukubeni:20220118191801j:image

▼4.完成です

f:id:mukubeni:20220110184242j:image

公式のコミュニケーションブックはこちら

Amazon で3200円でした。きっと色々と考え抜かれた良いものなのでしょう。

絵カードメーカー(アプリ)で印刷

絵カードの印刷には、こちらのアプリを使わせていただきました。

絵カードメーカー.

絵カードメーカー.

  • Ryuta Yoshitake
  • 教育
  • 無料

apps.apple.com

こちらのアプリには絵カード作成に便利な「ドロップス画像」を読み込む機能があって、大変助かりました。

ドロップスについてはこちらをご参照ください。

droptalk.net

元々あった絵カードを写真に撮って利用

オリジナルの絵カードは、以前からわが家で利用していたものをベースにしました。画像がPCのどこにあるか探すの面倒だったので、ボロボロになった絵カードを写真に撮って利用。かえって次男も混乱せずに済んだかもしれません。


f:id:mukubeni:20220110190410j:image

f:id:mukubeni:20220110190408j:image

あってよかったラミネーター

数年前に購入してホコリをかぶっていたラミネーターを引っ張り出して、絵カードをラミネートしました。耐久性は大事です。

f:id:mukubeni:20220110183330j:image

カドマルで角を丸くする

カドマルで角を丸くしました。尖ったままだと次男が気になってしまうので。f:id:mukubeni:20220110190823j:image

まとめ

いかがでしょうか。PECSの存在は知っていながら、難しそうとなかなか初めの一歩を踏み出せずにいましたが、ようやく一歩進めた気がします。これからも気負わず継続して、このブログで色々とお伝えしたいと思います。

2021年の振り返り

皆さま、あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

年末年始、仕事始め、何かと忙しく、ようやく今年初投稿となりました。
年末は大掃除、お正月は子供たちが家におり、仕事再開したらこれまた忙しく、この三連休でようやくひと息ついた感じです。

さて、2021年はわが家にとってどんな1年だったでしょうか。ちょっと振り返ってみましょう。

次男(自閉症10歳)の成長

特別支援学校の四年生に進級した次男は、癇癪が減り、笑顔が増えました。

お、発語かな!?

そして最近も、

 

ちなみに今の次男の発語レベルは、だいたいこんな感じです。

糞尿トラブル減りました

次男が自分からトイレに行くようになって、家族の負担はだいぶ減りました。

ギリギリまでガマンして、たまに間に合わないときもありますが。。。

いまは夜寝るときだけオムツを履かせています。

特別支援学校でのいたずら

この手のイタズラは、以前よりも増えた気がします。

成長を感じた出来事

今も、そ~っとお皿を片付けています (^^♪

いつもフニャフニャ歌っていますが、曲名がわかるのは珍しいです。

ビデオに残せてよかった~

学校で作成したフォトスタンドはこちらです。


f:id:mukubeni:20220110150534j:image

f:id:mukubeni:20220110150536j:image


病気もせず、とても元気に過ごせました。

f:id:mukubeni:20210909171342j:plain
f:id:mukubeni:20210909170149j:plain
f:id:mukubeni:20210908141823j:plain
f:id:mukubeni:20210801100450j:plain
f:id:mukubeni:20210622193656j:plain
f:id:mukubeni:20210410093938j:plain

長男(ADHD 12歳)の飛躍

小学校を卒業して、4月から中学生になりました。

成績上位で優等生枠だと!?

小6の後半からメキメキと成績があがりました。

100点とったら1ポイント。10ポイントたまったらご褒美が。

このルールは今も続けています。中学では小学校のようにはいかないでしょうけれど。

 

やっぱり君は、ADHD

自分も修行中の身ですが、ADHDに生きにくい世の中であったとしても、なんとかうまくやっていけるように「工夫して乗り越える力」を伸ばしてあげたいと思っています。


f:id:mukubeni:20220110151700j:image

f:id:mukubeni:20220110151706j:image

f:id:mukubeni:20220110151654j:image

f:id:mukubeni:20220110151657j:image

f:id:mukubeni:20220110151703j:image

f:id:mukubeni:20220110151708j:image

f:id:mukubeni:20220110151651j:image

まとめ

2021年も目まぐるしい一年でしたが、こうして振り返ってみるといい一年でした。大きなトラブルもなく、家族そろって年を越せたことが、何よりの幸せです。

これからも発達障害家族との生活と、このブログの執筆を楽しんでいきたいと思います。皆さま、本年もよろしくお願いいたします。

<(_ _)>

【ADHD】Apple Watch を買いました!

こんにちは、椋 紅緒です。

ADHDで過集中になりやすい僕が時間を守って生活するための重要アイテム、fitbit(フィットビット)が壊れてしまいました。

fitbit はスマホと連携できるスマートウォッチ(活動量計)です。

新型FitbitはADHDの強い味方 - 発達障害ファミリーの幸せライフハック生活

fitbitがエンドレスで再起動を繰り返す。。

ということで、さっそく

Apple Watch 3 を買いました


f:id:mukubeni:20211226095514j:image

f:id:mukubeni:20211226095512j:image

f:id:mukubeni:20211226095647j:image

f:id:mukubeni:20211226095551j:image

Apple Watch は高嶺の花と思ってましたが、型落ちの安いシリーズでも必要な機能が全部入ってたので、これにしました。

こちらの記事がとても参考になりました。

Apple Watch 最新シリーズ 7まで徹底比較まとめ!シリーズSE or 3の中で、どれが買いなのか? | 家電小ネタ帳 | 株式会社ノジマ サポートサイト

必要なものはすぐに購入する、それがADHD。

・:*+.\( °ω° )/.:+

fitbitから乗り換えた決め手

  • fitbitを買い替えてもまた一年ちょっとで壊れるかもしれない
  • 無名メーカーのスマートウォッチは安いけど不安
  • Apple Watch の型落ちが思いのほかお手ごろ価格だった
  • iPhoneユーザーに便利な機能があればうれしい

妻にも同機種を色違いで購入

こういうのを買う時は、同じ機種を妻と色違いで一緒に買うのがわが家の慣習となっています。妻は、新しいものを使ってみたいけれど自分で選ぶのは大変だし、同じ機種ならわからない時にすぐ聞けるのがいいそうです。

そして妻のfitbitは長男(ADHD 12歳)へ。

fitbitのデータをどう引き継ぐか

長年fitbitに蓄積したデータが引き継げないともったいないので、こちらの記事を参考にチャレンジしてみたいと思います。

FitbitのデータをAppleヘルスケアに転送したい!やり方を徹底解説! - 魔法少女になりそこね

まとめ

fitbit が大好きで、いくつもの機種を渡り歩いてきましたが、今回初めてApple Watch に乗り換えてみました。ちょっと使ってみましたが、iPhoneとの親和性が高くてとても便利そうです。今後わかったことをブログ記事としてアップしていきたいと思います。

【自閉症児】ダイソーの「おゆプラ」でタブレットの音量を小さくできた

こんにちは、椋 紅緒です。

次男(自閉症10歳)がタブレットでYouTube動画を見るようになってから、家族の生活がだいぶ楽になりました。ただ、難点が一つあります。

常に最大音量で視聴する

けたたましい動画を繰り返し流されるのは、けっこうな苦痛です。(T_T)

ボリュームを低く設定して渡しても、音量ボタンや画面操作で最大にしてしまいます。(そのやり方を自分で見つけたのスゴイ!)

そこで、今回試してみて効果があった対策をご紹介します。

タブレットのカバーの穴を埋めてみた

結果は想像以上でした。

作業手順はこちら

1.ダイソーの「おゆプラ」を用意する

f:id:mukubeni:20211223221006j:image

f:id:mukubeni:20211223222221j:image

2.お湯で温めて柔らかくして水気を切る

f:id:mukubeni:20211223221144j:image

3.タブレットカバーのスピーカー穴を埋める

f:id:mukubeni:20211223221147j:image

完成です。

f:id:mukubeni:20211223221141j:image

まとめ

いかがでしょうか。子供のタブレットの音がうるさくて困っている方、安いコストで簡単にできますのでぜひお試しください。

おゆまる

お湯で柔らかくするプラスチックねんどは「おゆまる」が有名みたいですね

【自閉症児】カーゴパンツは散歩に便利

こんにちは、椋 紅緒です。

太ももの両脇に出し入れしやすいポケットが付いているカーゴパンツは、次男(自閉症10歳)との散歩中に何かと重宝しています。

両脇ポケットの主な用途
  • 途中でオヤツを食べる時に手を拭くウェットティッシュ入れ(剥き出しで一枚入れておく)
  • 駄菓子のゴミ入れ
  • レジのお釣りやレシート一時入れ
  • 気分を変えるためのミント菓子入れ(からすぎないミンティアなど)

注)全部を一つのポケットに入れておくわけではありませんw

f:id:mukubeni:20211217202811j:image

基本的に片手は手を繋ぐため塞がっているので、バックの開け閉めなく物が出し入れできるカーゴパンツは本当に便利です。

 

【自閉症児】「赤鼻のトナカイ」を鼻歌で奏でる

こんにちは、椋 紅緒です。

次男の鼻歌「赤鼻のトナカイ」♪

と思っていたら、動画で撮れました!

動画はこちら

動画が撮れてよかったです♪

にしても、なんでトナカイの赤鼻が役に立つんだろう。光るから?じゃあ、なんで光るんだ?いろいろ不思議だなぁ。

「かえるのうた」はこちら

こちらも動画で撮れていました。いまは歌わないので撮れてよかった。

www.mukubeni.com

正式名称は「かえるの合唱」なんですね。

かえるの合唱 - Wikipedia

【ADHD長男】レゴブーストやってみた

こんにちは、椋 紅緒です。

今年のクリスマスプレゼントはどうしようかと検討し始めて、去年のクリスマスプレゼントで買ったレゴブーストを思い出しました。

去年のクリスマスプレゼント、レゴブースト

これがなかなか面白い知育玩具で、週末の少ない時間でコツコツと楽しく遊べました。どんなものか振り返りながらご紹介します。

目次

5つのモデルで色々な遊び方ができる

パッケージに描かれたショートサーキットみたいなロボットが印象的ですが、実はいろいろな遊び方ができます。

f:id:mukubeni:20211210192534p:plain

出典:https://www.lego.com/ja-jp/product/boost-creative-toolbox-17101

モデルごとに考え抜かれた複数のミッションがある

中学生になったら部活や勉強が忙しくなって、結局3種類しかできませんでしたが、モデルごとによく考え抜かれた複数の遊び方が用意されていて、長男は十分お腹一杯になったようです。飽きさせない工夫がすごいな!と感じました。

f:id:mukubeni:20211209204349j:plain

f:id:mukubeni:20211209204346j:plain

f:id:mukubeni:20211212172412j:image

タブレットでみるマニュアルがわかりやすい

組み立てガイドは、タブレットで参照します。

f:id:mukubeni:20211209204439j:image

一部に多少の分かりにくさはありましたが、そんなところもパズルを解くみたいな面白さがありました。

配布アプリは、iOS、Android、FireOSに対応しています。対応端末はこちらをご参照ください。

LEGO® BOOST app - コンシューマーサービス - LEGO.com JP

お持ちのデバイスがLEGO® BOOSTのアプリに反応するかどうかは、Apple App Store、Amazonアプリストア、またはGoogle Playストアでアプリを見つけてダウンロードしてください。公式のアプリストアからダウンロードできれば、ほとんどの場合レゴ製品をコントロールすることができます。

うちはちょっと古めのiPadですが、ちゃんと動きました。

パーツが小さくて細かい

小さいお子さんがいるご家庭では、誤飲に要注意です。うちは次男(自閉症10歳)がデイサービスで不在の時間帯に取り組みました。

f:id:mukubeni:20211209204518j:image

1センチ未満のパーツがほとんどで、油断すると失くしてしまいそうです。パーツ数が多く予備もありません。パーツが足りないと正常に動かせない事もあるので、うまく組み立てることよりもパーツをなくさないことの方が大事です。ADHDの長男を横でフォローするADHDパパでした。

プログラミングの勉強になる

小学生がプログラミングを体験するにはいい教材だと思いました。IT業界でプログラミングを長年やってきた僕自身も、実際に目の前でモノが動くのは面白いと感じました。

f:id:mukubeni:20211210200912j:image

思ったように動かず、原因を調査している時のモヤモヤ感とか、プログラムを修正して上手くいった時の達成感などを、息子と共有できてとてもよかったです。

長男はこれまで父親の職業をいまいちイメージできてなかったそうですが、この遊びを通じ「こんなふうにプログラム作って喜んでもらう仕事だよって説明できました。

ショートサーキットとは?

ちなみにショートサーキットは1986年のアメリカ映画です。小学生の頃、感動して泣いた記憶があります。レビュー評価も高いですね。レゴブーストをデザインした人はこれをモデルにしたのかな?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

レゴブーストは組み立てには根気がいりますがちゃんと動かせた時の達成感が病みつきになる小学校の中から高学年にちょうどいい知育玩具でした。今年のクリスマスプレゼントにはもうギリギリかもしれませんが、とてもオススメです! 

【スポンサーリンク】