発達障害ファミリーの幸せライフハック生活

発達障害の困りごとを知恵と工夫で乗り越える、実用的なノウハウをお届けします。

続・頭痛、家事、看病

こんにちは、椋 紅緒(むくべにお)です。

前日に引き続き、昨日もほぼ、頭痛、家事、看病でした。

熱はないのですが、10段階で言うと6ぐらいの頭痛がずっとあって、寝れば治りそうな気がするけど寝ていられず、と言った感じでした。

妻が長男(ADHD 13歳)の夏休みの宿題を終わらせてくれというので、ポスターの彩色、自由研究、人権についての作文、SDGsに関するレポートなどを一気に仕上げました。今どきの中学生って大変だな。

次男(自閉症11歳)には、家の中でテント広げてあげて、ヨギボーを入れてのんびり過ごしてもらいました。

f:id:mukubeni:20220811084130j:image

スライムはビチョビチョになってしまったので、セラパテで遊ばせました。セラパテは汚れなくていい。

f:id:mukubeni:20220811090513j:image

あとはフルーツ剥いたりヨーグルト出したりパンにジャム塗って出したりヤクルト出したり、食べるものを小出しにして、なんとか持たせました。

家にストックしてあったレトルトカレーが妻好みの辛口しかなくて、子供たちにはヨーグルトを混ぜてあげました。

妻は具合が悪くずっと寝込んでいて、食べられるものも限られました。ラーメンが食べたい、水餃子のスープが食べたいとリクエストはくれるのですが、作ってみると「ごめん、無理だった」となり、うどんやフルーツなどさっぱりしたものに偏りました。あとはビタミンが摂れる飲み物。それと試しに買ってみた黒酢にんにくが気に入ったようで、あっという間に完食しました。

妻はつわりも重くて出産直前までずっと寝込んでて辛そうでした。あの頃も食べ物には苦労したな。ああ、あの頃食べられたものならいけるかも。スイカとか。

そして今日、

朝起きたら頭痛が治ってました!

ふう、やれやれたぜ。

頭痛、家事、看病

こんにちは、椋 紅緒(むくべにお)です。

長男(ADHD 13歳)は熱が下がりましたが、妻は熱で寝込んでしまいました。

自分は熱はないですが頭痛が酷く、家事と看病が大変でした。

妻が食べられそうなものを用意して寝室に運んだり、長男の宿題を手伝ったり、次男(自閉症11歳)の遊びに付き合ったり、普段は何でもないことが、頭痛があるだけで一気に苦行です。

特に一番参ったのは、次男が一瞬の隙をついてコップに水を汲み、スライムに混ぜて勢いよく掻き混ぜ、周りに飛び散らせてしまった時でした。

f:id:mukubeni:20220809233544j:image

こんな毒々しい色のスライムが床や壁に飛び散ってしまい、一瞬プチ切れそうになりましたが何とか踏み留まり、長男に次男を泡風呂に入れてもらい、その間に部屋中に飛び散ったスライムを掃除しました。

f:id:mukubeni:20220810153744j:image

スライムの汚れ落としに役に立つのがクエン酸。バケツにクエン酸水を作って、雑巾で拭き掃除します。スライムのネバネバがサラサラになって掃除が捗ります。

食事は家にあるものを使いつつ、Amazonプライムデーの時に買っておいたカップヌードルProにも助けられました。あと最近はまっている完全栄養食のベースフード。

f:id:mukubeni:20220810154101j:image

そんなこんなで何とか今日を乗り切りました。明日はどうなってるかな。

長男、妻、発熱、、、

こんにちは、椋 紅緒(むくべにお)です。

次男の熱が下がったら、今度は長男、そして妻が、発熱しました。

仕事してる場合じゃねぇ!

何とか今日を乗り切って、明日から夏休み取ります。

まずは葛根湯

【自閉症児】乳歯はどこへ消えた

こんにちは、椋 紅緒(むくべにお)です。

次男は熱が下がっていつもの調子を取り戻しました。

www.mukubeni.com

嬉しくてつい、いつもより多めに駄菓子を買ってあげてしまいました。

本当はあまりいつもと違うことしない方がいいんでしょうけど、ちょっと、気持ちだけ。

外のベンチで駄菓子を食べ終わった頃、

抜けそうな乳歯 

グラグラする歯が気になるみたいで、クレーン現象でこちらの手を取り口の中に入れて、抜いてくれとアピールします。

確かにグラグラはしているけど、もうちょっと時間がかかりそうかな〜

と思っていたら、その日の夜、

抜けた乳歯の行方

どこに行ってしまったのでしょうねぇ

食べ物と一緒に飲み込んだ?いやいや、あそこまで執着していたので、たぶんどこかのタイミングで自分で抜いたんだろう。適当な所にポイと捨てた可能性が高い。またベンチボックスの裏とかか。

一応飲み込んだ可能性もあるのでしばらく経過を観察します。

子どもが歯を誤飲したらどうすべき? | 【ママとこどものはいしゃさん】|全国の加盟歯科を検索

これまで抜けた歯

一応へその緒と同じ場所に保管しています。

左が長男、右が次男のです。

とくにこだわりがあって残しているわけではありませんが、自分のは一本も残ってないので、大人になってから見れるとうれしいかな?と。

昔は屋根に放り投げたり、縁の下に入れたりしてましたよね。子供の頃、抜けた歯を兄に見せたら「下の歯だから屋根だな」とすぐに放り投げられてしまい、「もっとよく見たかったのにー!!」と怒った記憶があります。

今は抜けた乳歯を入れるケースもあるんですね。

虫歯ゼロを継続中

ちなみに次男は虫歯ゼロでした。歯の治療が必要になったら自閉症児は特に大変そうなので、毎日しっかりと磨き上げています。ゆくゆくは自分でもちゃんと磨けるようにしてあげねば。

www.mukubeni.com

次男発熱

昨夜から次男(自閉症11歳)が発熱し出しました。

日中、次男は微熱が続いていて、だるそうにしていました。食事はできてます。

妻に仮眠を取らせようとしましたが、目が冴えて眠れないようでした。

仕事を終えてリビングに行くと、妻と次男が寝室からマットレスを持ってきて並んで寝てました。

たくさん寝て回復してほしいです。

【自閉症児】デイが休みの夏休み

こんにちは、椋 紅緒(むくべにお)です。

次男(自閉症11歳)が今日行く予定だった放課後デイサービスで発熱者が出たとのことで、急きょお休みになってしまいました。今週いっぱいはうちにいることになりそうです。

近所を散歩

仕事の合間に、次男と近所を散歩しました。

f:id:mukubeni:20220802191821j:image

最近はダイソーの駄菓子がお気に入りです。4個100円、3個100円のコーナーでいつも似たようなものを選んでいます。

レジで会計中にどこかに行こうとしたり、手近な商品を触ってしまう事も少なくなって、心理的な負担が減りました。スーパーのセルフレジもよく利用しています。

会計はApple Watch が便利

色々な会計方法を選べるようになりましたが、たいてい Apple Watch の Apple Pay で会計しています。以前はスマホに登録したSuicaで決済していましたが、こちらはApple Watchをダブルクリックしてリーダーにかざすだけで決済できるのでスマホを取り出す必要もなく、次男と一緒の時は本当に助かっています。

f:id:mukubeni:20220803120944j:image

Coke ON(コークオン)

猛暑だったので、自販機でジュースを買いました。スーパーで買った方が断然安いのですが、次男を連れている時は自販機の便利さを痛感します。どうせ自販機で買うのならと、お得なアプリを入れてみました。

c.cocacola.co.jp

f:id:mukubeni:20220803064414j:image

ポイントが貯まると一本無料となるのですが、今はキャンペーンなどでポイントが貯まりやすくなっているみたいです。

まとめ

デイが休みになってしまって大変ではありますが、疲れをためず、イライラせず、家族との時間を大事にしたいと考えています。

【ADHD長男】ピアノ発表会でトリを飾る

こんにちは、椋 紅緒(むくべにお)です。

幼稚園からピアノを習い始めた長男(ADHD 13歳)が、ピアノの発表会でベートーヴェンの「悲愴」第3楽章を弾きました。途中ちょっととちったけれど、最後まで堂々と弾き切りました。

f:id:mukubeni:20220801174941j:image

ピアノ教室の先輩たちも年々卒業していき、気づいたら長男が発表会のトリになっていました。自分は小4でピアノをやめたので、勉強と部活で忙しい中ピアノにもしっかりと取り組む長男が、我が子ながらとても眩しいです。

これまで発表会で弾いた曲

発表会ではこんな曲を弾いてきました。

  • 小2:ハイキング
  • 小3:紡ぎ歌
  • 小4:エチュードアレグロ
  • 小5:バウムクーヘン
  • 小6:ワルツエチュード
  • 中1:発表会中止
  • 中2:ピアノソナタ第8番「悲愴」第3楽章

毎年実力よりも難しい曲を選んで、先生に「それは来年にしたら?」と言われています。発表会が間近に迫っても完成してなくていつも心配になりますが、最後は猛練習をして何とか本番に間に合わせてきます。追い込まれた時の集中力がすごいです。

ピアノソナタ第8番「悲愴」第3楽章

今回弾いた曲はこちら。

youtu.be

ADHDにはピアノがおすすめ!

脳科学者の澤口俊之先生によると、ピアノはワーキングメモリーの鍛錬にとても良いそうです。それを聞いてピアノを習わせ始めました。今でも忘れ物や不注意によるトラブルはよくありますが、それでも幼少期のすぐに投げ出しがちで苦しい言い訳ばかりする状況から、よくここまで成長してくれたものです。

難しい課題へ挑戦する気持ち、困難を乗り越えた達成感と自信、皆に賞賛されて形成された自己肯定感。長男にとってピアノは、ワーキングメモリー以上の価値が沢山あったと思います。ピアノやらせて本当によかったです。

【スポンサーリンク】